不眠症の検査とは

病院で不眠症の検査を受ける時、どのようなことが行われるのか、ということは、事前に知っておくに越したことはありません。

 

まず初めに、知っておくべきは、検査は問診で行われます。問診を受ける時に、質問に対する答えをその場で考えながら答えるのもいいですが、スムーズに答えるためにも、メモを取っておいた方がいいです。その方が、その場で答えるよりも、正確な回答をすることができます。メモを取るといっても、睡眠に関して気になることがあれば、日頃から日記を取るような感覚でメモをする方がいいです。

 

まためまい・頭痛も睡眠障害・不眠症が原因で起きる場合があります。ですので、そのような症状を持ち合わせているのであれば、その点も、しっかりメモをするべきです。その状態がずっと続いていたり、酷い場合は、ポリグラフ検査をつけることで、睡眠時の様子をより正確に記録できる検査を受けるべきです。

 

この検査を受けるには、体に様々な機器を付ける必要があるため、病院に一泊するのが通例です。ただし、全ての病院で受けることができる検査ではないので、小さな病院の場合は、大きな病院を紹介される可能性があります。

 

また、ポリグラフ検査そのものは専門の外来に必ず行く必要があるかというと、決してそうではありません。内科や精神科でも診察を受けることができます。ですので、不眠症ではないか、との不安がある人は、精神的な不安を和らげる意味でも、1度、近くの病院での受診・検査を行うべきです。

更新履歴